HOME人工妊娠中絶

アクセス

JR山手線でお越しの場合

大塚駅改札口(一つのみ)を出たら左にお進みいただくと(北口)、みずほ銀行、スターバックスの入っているビルがありその7階になります。改札からビル入口までは徒歩約30秒ほどです。

都営荒川線でお越しの場合

大塚駅前停留所から徒歩1分です。

スマートフォンサイト

http://www.yamateladies.jp/

携帯サイト

http://www.yamateladies.jp/i/

人工妊娠中絶

当院からのメッセージ

妊娠後、身体的・社会的な事情で断念せざるを得ない場合、中絶手術や娩出などの方法を選ばなくてはなりません。
いずれにしても心や体に何かしらの負担が生じます。人工妊娠中絶における治療や技術的な点に関しては私達が責任もって対応しますが、心の掛かる負担はパートナーの方をはじめ、ご家族やお友達など周りにいらっしゃる方のご理解やサポートも大切な存在となります。

すべてをひとりで受け止めようとせずに、どうぞ周りの方とよく話し合われてください。

それでも妊娠の継続を断念せざるを得ない場合は、私達が真摯にあなたを受けとめます。

私達はあなたからのご相談を常に真剣に受けとめています。

海外等で妊娠約5週迄に使用される内服薬による中絶は行っておりません。(日本ではそもそもの使用は認められていません。)
個人輸入による使用も絶対になさらない様おすすめ致します。

手術の前に

中絶手術を前にして、不安な気持ちでいっぱいだと思います。

ほぼすべての患者さんが手術を前にして「不安」と感じています。分からないということも不安の原因となります。ここでは簡単に手術の方法と一般的な術後経過に関してお話をします。

知識を得て、これからの状況を理解することによって不安な気持ちを少しでもやわらげていただければと思います。


・母体保護法に沿った『同意書』について
専門知識豊富な母体保護法指定医の資格を持った医師が患者さん一人ひとりに責任をもって対応します。

母体保護法に基づく手術に際しては、母体保護法に沿った『同意書』を提出していただきます。
原則、本人と配偶者(相手男性)の双方の署名・捺印した同意書が必要となります。
また、就労されていない未成年の方の場合は親権者や保護者の同意・署名が必要な場合があります。
ただし、事件や事故、相手の方が急な海外出張などで署名が得られない場合、連絡が取れない場合などは、委任状などほかの方法で対応できる場合や記入の必要が無い場合があります。

いずれの場合でも、ご不明な点がある際にはどうぞご遠慮なくご相談下さい。

手術の概要

中絶手術の具体的な目的は、絨毛(将来胎盤になる組織)を取り出してあげることです。
絨毛が残ってしまうと、絨毛で作られるhCGというホルモンによって中途半端な妊娠が継続しつわりや出血や痛みが続くことになりますし、将来、存続絨毛症などの絨毛性疾患を引き起こすことにもなりかねません。また、正しい月経周期が戻らず、最悪、不妊の原因ともなります。

・手術の方法
子宮内を掻把法、吸引法等により専用術具を用いて絨毛などの組織を摘出します。
ただし子宮の形や向き・硬さ、子宮筋腫などの合併症などによっては通常の手術方法では絨毛を取り除くのが困難な場合があります。この場合無理をすると子宮に深い傷が付き、将来不妊や前置胎盤、癒着胎盤の原因にもなりかねませんし、子宮をとらなくてはならなくなる事もあります。
事前の正確な診断と、適切な処置、手術を行うのはもとより、執刀する医師が常に謙虚な気持ちで手術に臨むことも欠かす事はできません。

・手術中断の判断
当クリニックの医師は、母体保護法の指定医であり経験も豊富で緊急時にも的確に対応できますが、これ以上は危険だと判断した場合は中絶手術を中断させていただくこともあります。
時間を置いて再度手術をすることにより危険を回避し、安全に絨毛をとることができるケースが多いためです。

・高度医療機関への紹介
必要と判断した場合は、事前にご説明をさせて頂いた上で他の医療機関にご紹介させていただくこともあります。
大切なのは私どもの見栄ではなくあなたの体だからです。
安全を最優先いたします。